犬フィラリアの予防

a cat has white and blonde fur

犬フィラリアは蚊に刺されることによって寄生虫が犬の体内に入り込み、血液の流れを阻害し放置すれば死に至ることもある犬にとっては大変恐ろしい病気です。体内に入り込んだ寄生虫は心臓や肺動脈にとりつき、成長すると長さ30センチにも及びます。症状としては咳や嘔吐の他、食欲がない元気がない、お腹が膨らんだり赤みを帯びた尿をするようになったりして散歩に行きたがらなくなります。始めのうちは症状があまり目立たないので、注意が必要です。犬フィラリア症の治療は薬で駆除しますが、まれに手術で心臓から直接寄生虫を取り出さなければならない場合もあり、そうなると危険や金銭的負担も大変なので、その前に予防することが大切です。

犬フィラリアはきちんと投薬すれば予防できる病気です。ストロングハートは世界のトップブランドカルドメックチュアブルのジェネリックです。カルドメック錠は月1回投与のフィラリア予防薬として世界で初めて承認され、広く使用されてきました。ストロングハートに含まれる有効成分のイベルメクチンは、蚊によって血液に入り込んだミクロフィラリアの神経系統に影響を与え殺虫します。ストロングハートの有するこの作用が寄生虫の幼虫が心臓に移行して成虫になることを阻止し、フィラリアの発生を抑制します。ストロングハートチュアブルはカルドメックチュアブルと同じおやつタイプで、いろいろに味付けされているので、薬が苦手な犬でもストレスなく投与することができます。